上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
意外と私のブログ、「ロシアルーブル」で検索して来てくれる人がいるみたいです。

そこで、2015年のロシアルーブルをまとめ、2016年予測(今後の見通し)を書いてみます。

1.2015年のRUBは「原油安」「経済制裁」「米利上げ」の三重苦

まず、ここ5年のルーブルのチャートです。

ドルルーブル(USDRUB)
USDRUB.png

ユーロルーブル(EURRUB)
EURRUB.png

めちゃくちゃですよね(おそロシア!)。

ドルストでは1ドル30ルーブルから70ルーブルになっています。

まず、2014年にロシアのクリミアへの武力介入があり、ストーーーーンと暴落しました。

アメリカ、EUはロシアに激おこで、経済制裁を決定、それを受けルーブルは大暴落しました。

2015年には一時持ち直しますが、それは政策金利を大幅引き上げ(10.5%→17%)による

通貨防衛でした。

その後もルーブルの下落は続き、今に至ります。

その原因は主に3つ。

①ロシアの主力商品、ブレンド原油の暴落(原油安は過去記事でも書きました)

②上記のEUからの経済制裁がまだ続いており、ロシア経済を逼迫

③アメリカ利上げによる新興国からの投資引き上げ

この三重苦により、2015年も暴落がとまりませんでした。

過去最安値が続いている→つまり今がチャンス?という単純な動機で、私はルーブルを触り始めました。


2.政策金利の変遷

最近のロシアの政策金利はこんな感じ

無題

2014年末9.5%→10.5%→17%→15%→14%→12.5%→11.5%→11%→据え置き

同じく通貨危機と戦っているブラジルレアルの14.25%に次ぐ、高金利です。

ただ、見ていただいてわかるように、2015年はインフレ率に追いつけていないです。

ロシア中銀は金利を下げたいそうですが、経済状況的には下げれそうにない感じです。


3.2016年予測(今後の見通し)

2016年の見通しを考える材料となる数字をいくつか挙げてみます。

○サクソバンク、2016年末ロシアルーブル20%高を予想

らしいですよ。そうなるとうれしいですね。


○ゴールドマンサックス、原油価格1バーレル=20~30ドル台突入予測

原油安が続くとロシアには悪材料です。サクソバンクは100ドルとか言ってますがww


○IS(イスラム国)対応、トルコ対応、EU対応による影響

IS対応はアメリカ、EU、ロシアが政治的に協力している数少ないプラス材料です。

ISへの爆撃、実はロシアが圧倒的に活躍しているので、EUと和解するチャンスです。

しかし、こないだのトルコとの一件やクリミアの件はマイナス材料。

これらが片付くといい方向に行くと思います。


まあ、予想は割れているってことですね。

まだ下落要因と上昇要因がそれぞれ混在しています。

これ以上の暴落はあまりないと思いますが、回復するかどうかは政治による影響が大きそうです。

みなさんもサクソバンクかIG証券あたりでルーブルデビュー、いかがでしょう。

スワップおいしいですよ(サクソだと1枚400円くらい)。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
米利上げも終わり、年末が近づくにつれ、来年の予想が出始めました。

その中で、面白いものを見つけました。

デンマークの投資銀行「サクソバンク」が出している2016年大胆予想というものです。

URLです。
http://www.saxobank.co.jp/predictions2016/

一部抜粋しますと、

「2016年末、ユーロ/ドルは1.23になる」
(多くの市場予測はパリティなど、ドルが強くなる予想)

「ロシアルーブルは20%上昇する」
(多くの市場予測はルーブルはさらに苦しい)

「新興国株は25%上昇する」
(多くの市場予測は新興国は来年まだ苦境)

「原油価格は100ドルを一時超える」
(多くの市場予測は原油はさらに下落)

などなど。

なんじゃこれ!?

って感じで、逆に興味をそそられじっくり読んでみました。

大方の市場予測とだいたい反対のことが書かれています。

結論は!?って感じですが、分析のプロセスは面白いと思いました。

ドル高は歴史上、利上げ直後がピークとなり下落傾向にあること、

「噂で買われ、実行後は売られる」という立場にたった分析になります。

こうなってくれれば、私は大金持ちになれますが、本当にこうなるんでしょうか?

みなさんどう思われます?

これで儲かったら、近くに住んでいらっしゃる皆さんと飲みにでも行きたいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
歴史的な時間を見逃すな!!

そういう思いで、昨日は早起きして、FOMCを見守っていました。

ここではその歴史的な時間(笑)をみなさんと振り返りたいと思います。

2015年12月16日、日本時間28:00(夜中4時)。

FRBは予想通り、政策金利を0.25%→0.5%%引き上げました。

賛成10、反対0の全会一致で可決。

金利は段階的に引き上げていく予定で、

2016年末には1.375%、2017年末には2%超、2018年には3%超を目指すとか。

利上げペースは「急がず慎重に」というニュアンスがこめられていました。

さて、この決定を受けて、市場はどんな反応を示したか。

1.ダウ平均株価は続伸、日経平均も続伸

まず、株価。

ダウ、日経とも続伸。

利上げは相当前から意識され、十分織り込まれており、株価暴落は起こりませんでした。


2.USD、EUR、JPYなど・・・円全面安


これが一番意外でした。

ドルやユーロがどっちかに大きく振れるかと思いきや、ほぼ変化なしでした。

4時過ぎ、まず小さくドル上げ(122円前半)からの、

ドル下げ(121円後半)からの、ドル上げ(122円前半)で今日に至ります。

EURUSDも1.10台をうろうろしてから、1.09へとドルが強くなる展開。

ただ、どちらもたいした動きではありませんでした。

一番特徴的だったのは、「円安」。

すべての通貨に対して、円売りが行われました。

リスクが高まると買われる円が売られたということは、

今回の利上げ、やはり市場に好感をもたれているというかんじでしょう。

われらが南アランド、トルコリラも対円では買われていました!(ほっとしました)

特にトルコが強いという謎。

原油に引っ張られているロシアルーブルはぜんぜん戻ってないです。


3.その他指数

上記より想像がつくと思いますが、恐怖指数(VIX)も大幅下落。

金やプラチナなどの貴金属も反発し、上昇。

その一方で、原油は続落。

原油だけが逆の動きをしているように見えますが、

在庫、米原油輸出解禁、などのファンダによる下落と思われます。


4.結論と今後の見通し


今回の利上げは特に混乱もなく、無事離陸したという感じ。

ランドやリラなども一時的には戻すと思います(追随利上げを織り込みながら)。

ただ、長期的に見るとそんなに戻りは強くないような気がしますし、まだまだドルが強そう。

もう少し様子を見て、来年の作戦を考えようと思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
最近よく書いている南アランドについて、ここ数ヶ月、大暴落といえるくらい下落しています。

ドル円で例えると、数ヶ月で100円だったのが、70円台になるみたいな感じです。

これは世界中で大恐慌になってしまいますが、影響力の大きくない南アフリカでこのようなことが起こっています。

そこで、ここ1年のランド円の動きを振り返ってみました。

無題


1.2015年の初めは、10円前後をずっとうろうろ

ここ数年のレンジの中にあり、9円~11円をうろうろしていました。

このころ、「9円台で買い、10円台で売れば蔵が立つ」と2ちゃんの市況スレとかでは言われていました。

私もこのころからポジションを持ち始めました。


2.8月、チャイナショックによる暴落


このレンジ相場が崩れ始めたのは、8月の半ばくらいのチャイナショックの少し前からで、

その後、一気に暴落しました。

上海株式市場が暴落し、日経平均、ダウなども暴落。

日経平均は20,000から16,000まで落ちました。

そんな中、中国とかかわりの深い、豪ドル、南アランドは暴落。

ランド円は一気に8円台に突入しました。

8円台なんて数年に1度しかこない絶好のチャンスという人たちがいる一方、

すでに撤退を余儀なくされる人も多くいました。

3.8.5~9.1円のレンジ相場

日経平均、ダウ、豪ドル、ニュージーランドドルなどは軒並みチャイナショック以前の相場に戻り始める中、

ランドは戻りが弱く、8.5~9.1のレンジ相場が12月まで続きました。

金・プラチナなどの貴金属相場が安いこと、米利上げによる新興国への警戒感、南アの経済情勢などが原因で、

9円台に戻ることもほとんどありませんでした。


4.ネネ財務大臣解任による暴落

そして、ついに再暴落開始。

市場からの信頼が厚い、ネネ財務大臣をズマ大統領は解任しました。

これにより、ランドはリーマンショックのときよりも安くなり、ランド円は史上最安値を更新しました。

市場から期待されていないズマ大統領の辞任、中銀の介入がないと収集がつかなくなりそうです。

レバ3倍でやっている私も7円を割ると、強制ロスカット予定です。

FOMCでどうなるか様子を見ながら、2016年の今後の見通しを考え、作戦を立てていきたいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
PR
ランキングに参加してみた(押してください)

効率よく毎月3万稼げる副業サイト
過去記事【3ヶ月で10万円稼ぎました】にて実践! 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
PR
Amazonオススメ!
プロフィール

うらすけ

Author:うらすけ
27歳、男
出身:大阪 在住:東京
読書記録と投資記録を綴っています。
相互リンク、ブロとも歓迎。
略歴
東京大学文学部卒→同大学院博士課程→外資系出版社

最新記事
カテゴリ
PR
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
タグリスト

感想文 感想 南アランド 真山仁 アドセンス FX NISA 堂島物語 富樫倫太郎 ポイントサイト ハピタス 有川浩 トルコリラ くりっく365 サクソバンク ハゲタカ 吉左 米利上げ 見通し SJI 政策金利 暴落 ネット副業 読書感想文(小説) フィスコ やばい ブログ収益化 キャンペーン 株主優待 レッドゾーン 震災復興 経済小説 ふるさと納税 アドマックス シアターフラッグ 大崎町 税金対策 棟梁 FC2 ハゲタカ2 月3万円 2016 お得 高利回り グリード 3000PV 定期預金  2016年予測 反社会的 高金利 節税 SBI証券 西岡常一 社債 世界の名作 非承認 ロシアルーブル ビットコイン 広告収入 割安株 テックビューロ さくらインターネット ソフトバンクグループ株式会社第48回無担保社債(社債 桜庭一樹 予想外 ホルモー六景 私の男 効率 短編小説 据え置き クリック グルプレ 明治安田生命 個人年金 もらえる エルドアン 10万円 外国為替保証金取引約款第7条 税金 元本保証 副業 ジェーン・オースティン 白夜行 直木賞 浅田次郎 確定申告 アフィリエイトB 対応 大胆予想 自負と偏見 暴騰 評価 システムエラー 暗号通貨 青春 文庫 Taiyo ストラテジー FXプライム ミラートレーダー ランチパスポート 神保町 忍者Admax ふるぽ 木に学べ Vol.3 BTC 万城目学 読書感想文(実用書) 忍者admax スワップポイント 新興国通貨 ユーロ ソフトバンク 審査通過 zaif GoogleAdSense 原油先物 初心者 毎月3万 反応 2015年12月16日 クレジットカード スマホ 広告 P-ket アマギフ AdSense 消し方 サイモン・シン フェルマーの最終定理 2015年まとめ 年金かけはし 2016年 読書感想文 食レポ おはぎゃあ 財務大臣交替 今後の見通し 上窓 詐欺 はるやま商事 ストップ高 表示されない フィンテック銘柄 南アフリカ中銀 2016年1月 通貨防衛 フィンテック 大化け株 モナーコイン mona 渋沢栄一 古川智映子 土佐堀川 あさが来た ホーマック カーマ 続編 キケン ふたたび 三匹のおっさん シアター! 劇団子 危険 続編希望 DCM ダイキ ビジネスモデル 割安 ノジマ 中国下げ btc ホリエモン 岩崎夏海 村上春樹 イノベション もしドラ 復活 もしイノ 田崎つくる ねじまき鳥 bitFlyer 口座登録 伊坂幸太郎 NAKUNA 性描写 蒼井ブルー 申し立て 無効なアカウントの申し立て 第33回SBI債 低リスク 精神科医 家族 奥田英朗 我が家の問題 資産運用 ブログランキング 日経平均 言葉狩り 円高 リスクオフ 読書 ラブコメ シアター2 スワップ 高杉良 アクセス数 実践 震災復興銘柄 1000PV 虚構の城 完全版 雪のひとひら 雨のしずく ポール・ギャリコ 鵤公舎 海賊と呼ばれた男 小川三夫 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投 丸紅建材リース 新生銀行 アカマ自動車 オリックス銀行 西京銀行 年末調整 じぶん銀行 赤い資本主義 半減期 阪神淡路大震災 歴史 東日本大震災 長期保有 メガネスーパー リーマンショック サブプライム 米問屋 3巻 吉左衛門 つめかえし 百助 米取引 先物取引 経済時代小説 文庫化 植物図鑑 ストーリー・セラー まぎめまなぶ 三井物産 法隆寺 5巻 市場予測 花王 鈴紡 カネボウ  アメリカン・ドリーム エジソン 月華 ホライズンキャピタル 三菱UFJフィナンシャルグループ サーキットブレーカー 週刊ダイヤモンド BO ミカドホテル 利率 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。